簡単な構造だと思っていても、意外と特許権を取得できたりします。

メーカーさんの専門分野(事業内容)でのちょっとした工夫には、実は、特許性があることが多いものです。例えば、製造機械の改良により、生産性が上がる場合、改良部分についての特許権が得られる可能性があります。あるいは、製品そのものの改良品について、特許権を得られる場合もあります。もちろん、新製品の特許性は、一般的に高いでしょう。

弊所では、特許性の有無について、無料でご相談可能です。

Category: : news Posted on: 2024-05-28 09:05:00, by : Blogger